少子化問題は日本とロシアは正反対状態! プーチンのアイデアが子供を増やしてるようです

結婚する人が減ってるので少子化問題が起きるのは当然です。
日本では時々声高高に議論されますが世界と比較すると少子化問題は日本は真剣に考える必要がないようですが横ばいです・・・
下記のグラフを見ると分かります。

上記の統計にはロシアが入ってません!ロシアは統計を取ってないから・・・ではありません。ロシアはプーチン大統領が社会主義的に頭を使ったので少子化という言葉はないようです。

一方、自由主義の日本は安倍首相が頭を使っても一向に少子化問題は解決してないしこれから先は更に悪くなるのではないでしょうか・・・。結婚する人が少なくなると子供が増えるという数式は日本にはありません。
1+1=0 ですので・・・

北方領土よりも少子化解決方法をプーチンさん質問して教えてもらうのが日本全体の将来には有益ではないでしょうか?
ロシアも少子化で悩んでましたが2007年頃から数字は反転してます。
プーチン氏の少子化政策が結果を出したようです。
日本もロシア式を真似をすれば少子化問題は解決できると思います。
俗に言われるその名称は

「母親資本」(マテリンスキー・カピタル)

です。ネットでお調べください。

カテゴリー: びっくり, 日本とロシア, 現地情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です