国際宅急便の実態 ロシアから日本へ

ロシア国内でも多数の宅配業者が乱立し競争をしてます。
ウラジオストクではDHLの広告看板が多いですね。
6月に18キロの書類をウラジオストクからモスクワに送ったら配達時間の日時指定で6000ルーブル以上の
料金でした。ロシア国内は広いのでほとんどが飛行機です。
ロシアのシステム? 受け取るときは宅配便の会社に行く必要があるようです・・・
EMSは最近、システムが改良されコンピュータで送ったものがどこにあるか確認できるようです。
すごい進歩ですね! しかしほかの宅配業者もパソコンで確認できますが実際に受け取りに行くと
まだ届いてません、と何回か言われたことがあります。

ロシアからUPSを使って書類を送ってもらってますがまだ私の手元に届いてません。
現状はパソコンで追跡できるのですが先週の土曜日に成田空港に届いてますので土曜の午後もしくは昨日の日曜日に配達されるのかと思ってましたが・・・まだ来ません!

昨日はUPSのオフィスに電話連絡をしようとしたら簡単ではなかったですが電話番号を見つけました。
しかし、土日は休日で電話では連絡がつけれません。

高い料金、ロシアから書類一枚を送ってもらうのに1万円くらいかかります。国際宅急便ですので値段は高いのは仕方がありませんがすでにロシアから送られて6日目です・・・急ぎの書類ではないので時間はまだありますが今回の問題はロシアではなく日本側の問題だと思います。

カテゴリー: びっくり, 日本とロシア パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です