SIMカードを理解してない人がまだ多いので料金は下がり難い?

日本と韓国が仲良くSIMカードに制限をかけてましたが政府指導でSIMを自由化と騒いだのは5年ほど前でしょうか?
このSIMカードを正しく理解されてない方は日本にはまだ多いようです。

SIMカードに制限がかかってるスマホやiPhoneで海外に行った場合、その国でSIMカードを購入してもスマホやiPhoneは動きません。

そんな場合はどうしますか? SIMフリーのスマホやiPhoneを買えば問題はありませんがそこまでの出費をしたくない場合はポターブルWiFiを使えばネットは使えるのでViber、Line, whatAppも使えたりメールの送受信は可能です。

昨年暮れにモスクワでSIMカード探しを行い結局はポーラブルWiFiを購入された方から購入した時の明細書が届きました。

1ケ月で3490.00ルーブルだったそうです。高いか安いか・・・と考える必要がないくらい滅茶高です。これは日本でポーラブルのWiFiを借りるときと同じくらいの値段です。
ロシア人はまず誰もこのWi-Fiを借りないでしょうね。外国人専用でしょうか?
それとも日本と韓国の旅行者でしょうか?

日本からもちこんだスマホやiPhoneがSIMロックが解除されてればSIMカードを購入してアクティベーションをお店の人に手伝ってもらえばすぐに電話とネットが使えるようになります。SIMカードには電話番号がついてますので電話は可能です。
先週もご紹介しましたが今、ロシアで一番安い通信会社はTELE2という会社ではないでしょうか?北欧系の会社で私が知る限りでは一番新しい会社なので他社と競争をするには料金しかありません。

私はウラジオストクに1週間滞在するときは月料金250ルーブルを契約してます。
250ルーブルは500円です。ロシア国内400分電話無料、ネット転送量は5ギガです。


7ルーブルの値段設定もあるようですが14円で何ができるのでしょうか?
電話機能はないようですが5ギガの転送量?日本では有り得ない料金というのはロシアでなく日本が異常なのでしょうか。
日本人がキリル文字を読めるならロシアのドーピング事件よりもっと悪質な値段設定と思います。オリンピックは4年に一回ですがスマホ料金はこれからも末永く毎月払わなくてはならない必需品ですので。

カテゴリー: ウラジオストク, 日本とロシア, 現地情報 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です